生活習慣の乱れでAGAは悪化する?

AGAの治療として、忘れてはいけないことが、生活習慣の見直しになります。人間がハゲる4つの原因として、食生活・生活習慣、ストレス、遺伝、男性ホルモンがあります。遺伝と男性ホルモンに関してはどのように規則正しい生活をしても意味がありません。

男性ホルモンであるテストステロン、そして5αリダクターゼという酵素が合体することで生まれる脱毛を促す酵素であるジヒドロテストステロンの量を抑えるということはできません。またアンドロゲンレセプターの感受性が高い場合は、ジヒドロテストステロンの効果を受けやすいので、AGAになりやすくなります。

遺伝と男性ホルモンは生まれ持っての性質なので、AGA治療薬を使用してジヒドロテストステロンの生成を抑えるという方法でしか改善することはできません。 食生活・生活習慣、ストレスに関しては自分で治すことは可能です。

禁煙する

少量のタバコは頭痛を止める効果もありますが、これは血管を収縮させるタバコの効果によります。血管が収縮しますと体中に張り巡らされている毛細血管がつぶれてしまいます。つまり、髪の毛へ栄養を与えるための血管もつぶれてしまうのです。

その結果、髪の毛に栄養がいかなくなってしまい、毛根が活動を止めてしまいます。その結果、現在ある髪の毛が抜けたときに新しい髪の毛が生えてこなくなります。 その結果として、はげるのです。

偏った食生活

人間は食事によって体に必要な栄養素を体内へ取り入れます。食事を極端に制限したり、偏った食生活をしていると髪の毛を作るためも栄養素が枯渇していってしまいます。 例えば、カロリー制限ダイエットなどでは肉や魚の摂取を止めますが、この結果として、タンパク質不足となります。タンパク質は髪の毛を作るために必要な栄養素なので、不足すると髪の毛は作られなくなってしまいます。

また、肉や魚中心の生活習慣の場合はビタミンやミネラル分が不足する可能性が高くなります。特に亜鉛の不足は髪の毛へ悪影響を与えます。また、男性に関しては男性ホルモンを生成するためにも必要不可欠な成分なので、しっかりと摂るようにした方がいいでしょう。

睡眠不足

髪の毛は人間の肌と同じものなので、睡眠不足になりますと髪の毛の質が低下していき、粗悪な髪の毛にしかなりません。

できるのとならば夜10時ごろに布団に入り眠ることで、成長ホルモンが活発に分泌されて、良質な髪の毛を作ることが出来ます。睡眠不足はストレスの原因にもなるので、睡眠は大切です。

ページの先頭へ