AGAの最後の治療法とは

AGAの治療の最後の手段として、かつらか自毛植毛があります。医学的な治療となれば、自毛植毛となります。自毛植毛に関しては一度行ってしまえば半永久的にメンテナンスをする必要がありませんので、人生でAGA治療に使うお金の総額を見た場合、安上がりになるということもあります。

もちろん、重度のAGAの方にしかお勧めできるものではありません。AGA治療をおこなうことで、AGAの進行は抑えることはできます。しかし、AGA治療が現在のように行われていなかった時代にすでに重度のAGAとなっている方は、すでに現在のAGAの治療技術では毛髪の復元は不可能なので、自毛植毛しかありません。

自毛植毛のメリットは?

自毛植毛のメリットは髪の毛が再び普通に生えてくるということです。AGAは前頭部と頭頂部以外の髪の毛には影響を及ぼしません。重度のAGAの方であっても、前頭部と頭頂部はハゲていますが、側頭部と後頭部の髪の毛は健在です。

これはAGAで脱毛を促す酵素であるジヒドロテストステロンの影響を、側頭部と後頭部はうけないのです。そこにある髪の毛を前頭部と頭頂部に皮膚ごと移植をするのです。 そうしますとAGAで脱毛を促す酵素であるジヒドロテストステロンが大量に分泌される人であっても、移植した髪の毛は影響を受けないので、再びAGAになるということはありません。

現在は、以前のようにメスを使用しての手術かメスを使用しない術式かを選ぶことが出来ます。メスを使用しない方が費用は高くなりますが傷痕などは残りにくくなります。 自毛植毛に成功してしまえば、髪の毛が他の髪の毛と同じように伸びて、抜けたとしてもまた生えてきます。つまり、完全にAGAで抜けてしまった部分の髪の毛を復元することが出来るのです。

ある意味ではAGA治療の最後の方法です。

自毛植毛のデメリットは

一度に数十万円の手術費がかかるという点です。安くても18万円程度がかかります。 また、腕が未熟な者の手術で自毛植毛をしてしまいますと、傷痕や何らかの後遺症が残る可能性があります。

さらに人工毛植毛とはことなり、すぐに髪の毛の量を増やすことはできません。また原因不明ですが、手術した後に移植した部分の髪の毛が、一時的に抜けてしまうということもあります。

まとめ

自毛植毛に関しては一度行ってしまえば、もとに戻すことはできません。そのため、良くAGA専門のクリニックの医者と話し合って、自毛植毛をするか、それともしないかを決めた方がいいでしょう。

ページの先頭へ