AGAとなったら、育毛サロンへ通うべき?

AGA専門の治療をおこなってくれるのはAGA専門のクリニック、そのほかに一般病院の皮膚科があります。この2つは医学的な治療をおこなってくれます。ただ、AGA専門のクリニックへ行かなければ専門的な治療は受けることができません。 一般病院の皮膚科の場合は現状維持にのみに力を使うので、発毛をして髪の毛の量を増やそうと考えている方が通ってしまいますと、時間の無駄となってしまいます。もちろん費用もばかにはなりません。

しかし、現状維持ができるのでハゲ対策のAGA治療としては幾分かの効果があります。特に初期のAGAの場合で現状維持だけを考えているのであれば、一般病院の皮膚科でもいいと考えられます。もちろん、専門的な治療を受けられるAGA専門のクリニックがあれば、費用は高額ですが確実に対AGAの効果があります。

では、育毛サロンというのは効果があるのでしょうか。

育毛サロンへ行くメリット

AGA治療の専門のクリニックなどが現れる前は、育毛サロンで髪の毛の量を増やすというのが一般的でした。しかし、現在では育毛サロンへ行くことは一般病院の皮膚科へ行くよりも勧められてはいないようです。

育毛サロンはヘアケアなどをおこなってくれますが、医学的な発毛はおこなえません。現在一般的に処方されているAGA治療薬は医師の処方箋がないと手に入れることはできません。場合によっては個人輸入という手もありますが、副作用のある薬なので、医師の処方箋がないと手には入りません。

そのようなAGA治療薬を育毛サロンがお客さんへ出してしまいますと、問題になりますので、育毛サロンはヘアケアしかおこなえないといえます。 ヘアケアに関してもAGA専門のクリニックの医師へ見せてしまった方が早く適切な治療を受けることが出来AGAの進行を止めることが出来るのです。 AGAは進行性の病気なので、育毛サロンよりも専門のクリニックです。

育毛サロンへ行くデメリット

基本的に、育毛サロンはリピーターになってもらわないとお金になりませんので、薄毛やハゲの状態に対して、あまりポジティブな発言はしません。このままではさらに進行するというネガティブなことを言う傾向があります。

もちろんAGAは放置することで進行しますので、育毛サロンでヘアケアをするお金があるのでしたら、やはりAGA専門のクリニックへ行った方が確実です。病気なのですから、病院へ行って問題はありません。治せるのであれば治してしまった方がいいのではないのでしょうか。

ページの先頭へ