AGAの原因になるジヒドロテストステロンとは何?

現在、一般的に行われているAGA治療方法は、AGA治療薬を使用して脱毛を促す原因酵素の生成を阻害する、休眠状態の毛根に刺激を与えて再び活動するのを促す、そして自毛植毛です。

この3つは医療機関でしか行うことのできない、AGA治療といえます。個人で行える治療として育毛剤や発毛剤を使用して頭の血流をよくして発毛を促すというものです。 育毛剤と発毛剤に関しては、現在個人で入手することができますので、初期のAGA治療には効果を発揮します。しかし、AGAは進行するので、育毛剤や発毛剤を使用してのAGA治療に関しては限界があります。

つまり、血流を良くしたとしても脱毛を促すジヒドロテストステロンという酵素が大量に体内で生成された場合、体毛は濃くなるのに、頭は薄くなるのです。

ジヒドロテストステロンとはどのようなものか

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの中にあるテストステロンと5αリダクターゼが結合することで生まれる酵素です。 ジヒドロテストステロンが体毛に及ぼす効果は2種類あり、ヒゲや体毛に関しては濃くなるように命令を出し、頭髪に関しては薄くなれと命令を出します。そのため、体毛が濃い人はAGAになるリスクが高まります。 他にも性欲減退などの効果があるホルモンです。

AGA治療とジヒドロテストステロン

以前のAGA治療方法は男性ホルモンを抑制しようとするものでした。男性ホルモンを抑制してジヒドロテストステロンの量を減らそうというものです。 これは男性器を去勢した人物のAGAが改善したことから、発展した治療方法でした。

しかし、男性ホルモンのテストステロンは、男性が男性らしくいるための必要不可欠なホルモンなので、このテストステロンを抑制してしまいますとやる気がなくなってしまったり、性欲減退になったり、うつになったり、男性には大きな悪影響を及ぼすのです。

このAGAの治療方法が見直されたのは、プロペシアという薬の臨床実験の結果によるところが大きくなります。プロペシアの中の成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの分泌量を抑制する働きがあります。

もともとは5αリダクターゼが多くある前立腺に関する薬の副作用で、発毛することがわかり、脱毛を促すジヒドロテストステロンを抑制するには、5αリダクターゼを抑制する方が、効率がいいとわかったのです。

ただ、プロペシアはもともと前立腺に関する薬だったので、男性の場合は勃起不全などの副作用があり、女性が服用しても効果がなく、妊婦が服用すると胎児に悪影響を与える副作用もあります。

ページの先頭へ