AGAと睡眠の必要性

AGAは、専門的な治療もできますが、自分でできる内容として、生活習慣を見直すなども、良い効果に繋がります。

成長ホルモンの分泌

例えば、日頃睡眠不足という人も見られますが、睡眠が十分にとれていない場合には、発毛という点においても、働きが不足する可能性があります。髪の毛が伸びるなどの状況は、人のからだの働きとして、成長ホルモンの分泌と大きく関わりがあります。ご存知の方も多いですが、成長ホルモンは、夜眠る時間帯に多く分泌されています。時間でいうと、午後10時から午前2時位が該当します。

質のよい睡眠が必要不可欠

加えて、成長ホルモンは、睡眠に入ってから大体30分位から3時間位の間に出始めるという状況になります。そのために、AGAの人にとっても、質のよい睡眠が必要不可欠であるといえるのです。眠る時間を多く確保すれば、AGAの症状が劇的に変わるという事ではありませんが、発毛という働きに対して、十分な準備をしておく必要があるのです。

健康な状態を保つ事

AGAの症状で悩んでいる人の場合は特に、からだの健康面においても、まずは健康な状態を保つ事も必要です。からだが健康な状態であると、からだの各所で本来の働きを果たしてくれる事に繋がるからです。

ぐっすりと深い睡眠

そこで注目されるのが、日頃の生活習慣になってくるという訳です。仕事が忙しかったり、人によっては、ストレスなどが多くて、十分な睡眠がとれるまでに至っていないという場合もあります。多少の事は仕方ないとしても、これが毎日の積み重ねになってくると、髪には良くない状態といえます。睡眠が十分にとれるというのは、その内容としても、ぐっすりと深い睡眠に入った状態である事が大切なポイントになります。

発毛にも関係する成長ホルモンの分泌

浅い眠りの場合には、リラックス効果を感じる神経の働きが不足し、からだも十分に休息できていない状態を感じている可能性があります。ぐっすり眠れると、からだが休息している状態に入り、発毛にも関係する成長ホルモンの分泌を促す事に繋がります。人によって、余り多くの時間眠る事ができない場合もあります。

5時間から6時間

眠るという行為については、ぐっすりと深い眠りに入る事が重要ですので、その点に留意が必要になります。一般的には、最低でも5時間から6時間の睡眠時間を確保できる事が、理想的な形でもあります。その上で、午後10時から午前2時の間に眠っている状態であると、成長ホルモンの分泌という面でも、非常に良い状態であるといえます。

深い眠りを確保

大人になると、午後10時に就寝しているかどうかは、各人の生活スタイルによっても違いが出てしまいます。時間帯に拘り過ぎてしまうよりも、できるだけ、深い眠りを確保できる様にしておく事が必要になります。AGAの症状を改善する準備として、生活リズムを整えておくという普段の姿勢が重要になるのです。

ページの先頭へ