食生活の改善はAGAに効果があるのか

AGAは前頭部や頭頂部の髪が薄くなったり抜けてくる男性型脱毛症のことです。髪が薄くなって抜け毛が気になるようになってくると、頼りたくなるのが育毛用のシャンプーや整髪料です。しかしAGAの原因となるジヒドロテストステロンの増加だけではなく、毎日の生活習慣や食生活も原因となって複合的に発症してしまうとも言われています。

髪の毛を作るための材料は食事から摂取

いくら育毛剤を使っても髪の毛を作るための材料は食事から摂取しているため、脂っこいものや塩分の多いもの、甘いものを食べすぎているような場合には食生活の改善を行うことで頭皮の環境を改善していきましょう。頭皮の環境改善は健康な髪の毛を増やすことに繋がるため、AGAの改善や症状の進行抑制効果も期待できます。

たんぱく質とミネラル

では、具体的にAGA改善のための食生活で摂取していきたい栄養素にはどのようなものがあるのでしょうか。まずは、髪の毛を作る元となるたんぱく質とミネラルです。たんぱく質は人間の身体を作り上げるのに必要な栄養素で、筋肉や臓器もたんぱく質から出来ていて、髪の毛もケラチンというたんぱく質で構成されています。そしてミネラルはたんぱく質を合成して実際に髪の毛にするための働きをしているため、たんぱく質とミネラルを一緒に摂取すると効果が期待できます。

必要不可欠な栄養素

特にミネラルの一種である亜鉛はケラチンの合成のためには必要不可欠な栄養素のため、積極的に摂取するようにしましょう。その他にも新陳代謝を活性化させ、たんぱく質の吸収を促してケラチンの合成を促進させる作用があるビタミンB群、血行を促進し、髪の健康を促進させるビタミンAなどもAGAの改善に効果が期待できる栄養素です。

摂取したい食べ物

具体的に摂取したい食べ物は、たんぱく質を含みジヒドロテストステロンの元となる男性ホルモンのテストステロンの合成を抑制すると言われている大豆製品、手軽にミネラルを摂取することができるナッツ類、頭皮や髪の状態を良くする働きがあるビタミンB6を含むたんぱく質である鶏肉、ミネラルが豊富なわかめやひじきなどの海藻類、ビタミン類が豊富な野菜や果物などを摂取するようにします。

アルコール・脂っこいもの

逆に消化の際にミネラルを使用してしまう糖分の多いもの、アミノ酸や水分を減少させてしまうアルコール、血液をどろどろにしてしまってせっかく摂取した栄養素が頭皮にまで行き届かなくしてしまう脂っこいものは適量の摂取にとどめ、摂取しすぎないようにしましょう。

まとめ

食生活の改善だけではAGAは改善することは難しいかもしれません。しかし、症状の進行が早まるのを防いだり、発症を遅くすることは可能です。毎日の食事の内容を見直して、バランスの取れた栄養素を摂取することが重要になってくるのです。

ページの先頭へ