タバコを吸う男性はAGA予備軍

近年、男性型脱毛症(以下AGA)とタバコを吸う習慣との間には、密接な関係があることが判ってきました。 タバコを吸うことは、一般的に考えても、自分や周囲の人の健康に悪影響を及ぼします。 AGA対策をするならば、是非とも禁煙を目指して欲しいところです。

毛髪に良くない影響をもたらす

喫煙が健康に良くないことは、今や誰でも理解している常識であると言えます。 実際、男性の毛髪にも良くない影響をもたらします。 タバコに含まれる主要成分であるニコチンは、肺から吸収されて血中に溶け込みます。

そして、腎臓を通って、最終的には尿中に排出されます。 この血中に溶け込んだニコチンは、血流を悪化させる作用があり、自ずと頭皮へ供給される酸素や養分を減らしてしまいます。 どのように解釈しても、これが毛髪に良い効果をもたらす訳がありません。

喫煙時は一種の酸欠状態

具体的に解説しますと、タバコを吸うと燃焼時に一酸化炭素が発生します。 この一酸化炭素は、赤血球中のヘモグロビンと結び付く性質がありますから、赤血球は酸素を運搬するという、本来の役割を果たせなくなる仕組みです。 つまり、喫煙時は一種の酸欠状態になっているのです。

毛母細胞までキチンと運ばれない

さて、発毛を促し、毛髪を育てる養分は、血液を通じて毛母細胞へと運搬されます。 血液循環が悪くなるということは、毛母細胞に酸素と養分を十分に送ることができなくなることを意味します。 このような状態では、AGAを改善しようと、発毛や育毛に有効な養分をいくら摂ったとしても、毛母細胞までキチンと運ばれないことは自明の理です。

悪玉コレステロールを増加

その上、タバコのニコチンは心拍数を上げて、血圧上昇や毛細血管の萎縮なども招きます。 おまけに、血中に悪玉コレステロールを増加させ、血管を詰まりやすくするという悪影響も知られるようになってきました。 これはAGA対策以前の問題であるとも言えます。

男性ホルモンの過剰分泌

さらに、最近では米国での研究により、喫煙の習慣が男性ホルモンの分泌を増加させる、ということも判明してきました。 言わずもがな、血中の男性ホルモンの量が増えれば、直接的な抜け毛の原因となります。 男性ホルモンの過剰分泌がAGAの主要原因であることは、近年の研究結果で明らかになってきていますが、男性ホルモンの分泌量を増大させるアクセル効果がある喫煙の習慣は晩酌とは違って、適量ならば健康に良い、ということもありません。

禁煙はAGA対策にもなる

酒は百薬の長、と昔から伝えられてきましたが、これはタバコには当てはまりません。 薄毛が気になる、抜け毛が気になると悩んでいるならば、極力禁煙を成功させた方が、AGA対策には明らかに有効です。 ストレス社会と言われて久しい現在日本ですが、ストレスを紛らわすためにタバコに手を伸ばしたら、今度はAGAでストレスを感じるようになったとなれば、これは本末転倒です。

ページの先頭へ