AGAの各治療と効果

AGAの症状を改善する方法は、複数の治療方法が存在しています。効果に比例して、費用に反映される場合も多いですが、自分の症状に合わせて、結果に集中して、あるいは経済面と相談しながらなどを中心として、実施する事ができます。

プロペシアとミノキシジル

AGAの治療については、まず服用等による治療法があります。具体的な薬剤としては、プロペシアとミノキシジルなどが利用されています。AGAの症状は、男性ホルモンの働きと関係している事も広く知られています。

脱毛を促してしまう特定の成分の働きを抑える役目をするのが、プロペシアという薬剤になります。世界でも、多くの国で利用されていますので、まずはここから始めてみるという事もできます。軽症であれば、効果についてもかなり期待できるという薬剤でもあります。

ミノキシジルの外用薬

ミノキシジルの場合には、外用薬として利用されていますので、頭皮に直接塗るなどの形で治療が実施されます。元々は、高血圧患者の降圧剤として利用されていたものですが、体毛が濃くなるなどが注目されて、毛母細胞にも働きかける役割を果たすものとして利用されています。

ミノキシジルを利用した育毛剤商品なども販売されていますが、クリニックで処方してもらうなども可能なものとなっています。まずは試してみる、という場合に利用できる薬剤でもありますが、こちらも軽症の場合に効果を実感できているというケースが多くなっています。

メソセラピー

これまでは、服用薬や塗り薬としての治療を見てきましたが、頭皮に直接効果的な薬剤を注入するというメソセラピーというやり方もあります。ミノキシジルや、その他の効果的な薬剤を頭皮に直接注入しますので、使用薬剤の濃度などもそのままの状態で摂取できる事になります。

効果については、かなりの人が症状に変化を感じているというケースが多くなっています。使用される薬剤については、発毛に必要なその他の栄養分を加えて、クリニックが独自に開発しているものを使用する場合もあります。 

HARG療法

他にも、費用が高くなる事が多いですが、HARG療法というやり方もあります。HARG療法については、再生医療の一種になりますので、最先端医療としての位置づけもできます。幹細胞は、様々な細胞に変化できるとされていますが、髪の細胞成長因子として注入される治療においても利用されています。

AGAの症状は、毛母細胞の働きが衰えている状態でもありますが、働きを再び活性化させる事が可能になります。高い効果を望む事ができ、最先端医療としての治療でもあります。

まとめ

AGAの治療については、現在では、かなりその専門性が極められており、効果についても期待できる場合が多くなっています。自分でも情報を収集しながら、詳細を分析して、活用していく事ができます。

ページの先頭へ