AGAクリニックランキング

AGAスキンクリニック

内服薬 外用薬 メソセラピー 植毛

店舗:全国

初診料:5,250円 血液検査:10,500円 ★Rebirthプラン:36,750円(1ヶ月分/内服薬・外服薬セット) ★ベーシックプラン:6,000円~(初回4,200円) *フィナステリド等処方 AGAメソセラピー注入治療:73,500円~

AGAクリニックの口コミ

AGAクリニックでメソセラピーを体験

生活の変化

頭皮や髪の毛に関する症状は、男性にとってもかなり深刻な問題になる事があります。私の場合には、若い頃から円形脱毛症などの症状があり、大人になってからは、社会人になったせいか、ガラリと生活も変化したため、その症状は治まっていました。しかし、髪が後退していく状況が続いていたため、AGAクリニックを利用して、専門的な治療をしてみようと決心しました。

AGAクリニックを利用して良かったです

いい結果に繋がった

AGAという言葉を耳にした事がある人もいるかと思いますが、AGAクリニックという治療専門のクリニックも存在しているのをご存知でしょうか。もし、AGAの症状に悩んでいるのであれば、私の経験から、相談だけでも、AGAクリニックでしてみると、専門的な知識を得られる場合もあります。症状は、それぞれに違いもありますので、自分の髪の状態も詳細にわかりますし、改善できる可能性などもわかる事になります。AGAクリニックとの関係は、一生のお付き合いになるとは限りませんが、私の様に有効な結果に繋がる場合があります。

AGA(男性型脱毛症)の治療

AGA専門クリニックで行われる発毛治療は、体内の男性ホルモンに作用する薬を投与したり、それと併せて外用薬を塗布する治療が行なわれます。同じような症状でも、それぞれの方で原因や治療方法は異なります。

治療の効果は脱毛の原因によって個人差があるのですが、平均してみると多くの場合3か月〜6か月程度で発毛改善効果を実感することができます。

AGA治療薬

国内で認可されており、効果と実積のあるAGA治療薬がプロペシアとミノキシジルとなります。プロペシアには、脱毛抑制・薄毛改善の効果があり、副作用として勃起不全、肝機能障害などが報告されています。一方のミノキシジルには、発毛促進効果があり、副作用として頭痛、腹痛、性欲減退などが報告されています。

ミノキシジル

ミノキシジルはAGA治療薬ではあるのですが、実は薄毛の原因を治すというものではありません。ミノキシジルには血管を拡張させる作用があり、結果的に血流が促進され毛母細胞や毛乳頭を活性化させることができます。活性化されることによって、太く元気な髪の毛が育つというわけです。

保険適用外の自由診療

専門クリニックでは、プロペシアで脱毛・抜け毛を抑制し、ミノキシジルで元気な髪の発毛を促進するという治療が行なわれるようになります。日本ではAGA治療は、保険適用外の自由診療となっています。治療に伴う診察費や処方される薬代はすべて自己負担となります。前述しました2種類の薬以外にも、人によってはほかの薬剤や治療法がとられる場合もあります。専門クリニックでの1か月にかかる治療費の相場については、個人差はあるものの10,000円〜30,000円が相場となっています。

クリニックでの治療の流れ

専門クリニックでの治療の流れについて、ご紹介します。まず、初診時にはカウンセリングが行なわれます。カウンセリングは、ほとんどのところが無料となっており、カウンセリングのみでもOKとなっています。カウンセリングでは、治療の内容や注意事項、治療費などの説明があり、頭髪についての悩みを相談することができます。

頭部写真撮影、血液検査

カウンセリングを受けて診察を希望する場合、専門医による頭皮・頭髪の現状確認、経過を見るための頭部写真撮影、血液検査などが行なわれます。血液検査では、男性ホルモンの数値と薬の投与が身体に与える影響を判断することができ、薄毛の原因を見極めることができます。オプションの検査として、遺伝子検査などが用意されています。

AGA治療薬が処方される

約1週間後に再来院し、血液検査の結果報告を受けます。治療開始の意思確認と処方薬の判断が専門医によってなされ、AGA治療薬が処方される流れとなります。通常、薬の処方は30日分であり、その後は月1回来院して頭皮・頭髪の状態を確認していくようになります。

AGAになるかわかる!?遺伝子検査とは?

AGA、つまり男性型脱毛症の原因は、遺伝によるものと生活習慣によるものがあります。個人でAGAを治すという場合は生活習慣の改善しかありません。 生活習慣の改善で治るのであれば、AGA治療を受ける必要はない、とは言い切れません。親族の中に一人くらい頭髪の薄い人がいれば、一度は専門のクリニックへ通うことをお勧めします。

何故かといいますと、祖先の中にAGAになりやすい因子を持った人物がいなかった保証はありません。ものすごい人数の人間がいるのですから、AGAの因子を持った人物が一人もいないというのは考えにくいのです。隔世遺伝というものもありますので、AGAになりたくないのであれば、一度検査を受けて損はないでしょう。

AGAの検査でわかること

最新のAGAの検査に、アンドロゲンレセプター遺伝子検査というものがあります。この検査を受けることでわかることは、薄毛になりやすいか、そしてAGA治療薬の成分であるフィナステリドが効きやすいかといことがわかります。

遺伝子とは人間を構成する設計図のようなものであり、DNAに記録されているデータによって体質などが決められています。このDNAの記録データは生涯変わることがありませんので、例えばAGAになりやすい、もしくは太りやすいのかがすぐにわかります。

話を戻しますが、アンドロゲンレセプターの感受性が高ければ、潜在的にAGAになりやすくなるのです。これは生活習慣を改善させても変わるものでありません。 また、AGAの治療薬であるプロペシアの主要成分であるフィナステリドの効果が出やすい人と出にくい人がいます。AGAになりやすい人は、フィナステリドの効果が出やすい人となります。

アンドロゲンレセプター遺伝子検査の方法

2種類の方法があります。注射器によって採血をする方法と簡易の検査キットで口内の軟膜を採取するというものです。 採血をした方がより正確な結果が出ますがその分、費用も高額になります。 ただ、このアンドロゲンレセプター遺伝子検査は、必ずしも行う検査ではありませんので、別途費用がかかります。しかし、自身がAGAになりやすい遺伝子を持っているのかどうかがわかります。

まとめ

AGAの原因は遺伝的と生活習慣があります。生活習慣が原因のものは自身で改善することが可能ですが、遺伝的なものは自身では変えようのないものなので、自身がどのような遺伝子を持っていることを知るということは、AGAになりやすいどうかがわかります。 検査の方法は血液検査が有効ですが、費用が高額になります。

AGAとその原因及び対策

AGAとは男性型脱毛症の一種で、成人男性の頭皮に多くみられる現象です。日本人男性の中で一千万人以上が悩んでいる症状といわれ、早い人は思春期を過ぎるとかかるといわれています。

症状して多いのが抜け毛、特に頭頂部や毛髪の生え際から症状が発生しやすく、後頭部や側頭部からの症状はあまり見られません。病気が発生する原因として挙げられているのが一番に遺伝子、それ以外にストレスが多く挙げられています。

一般的に勘違いされやすいのが、毛髪が二度と生えてこなくなる病気と思われていることです。しかし、生えてこないわけではありません。毛髪の成長を阻害する要因があるため、成長しづらくなり、毛髪が生えにくくなるのが特徴といわれています。

AGAの減少を抑えることが可能

成長を阻害する成分を排除することで、AGAの減少を抑えることが可能です。出かける人は医療機関に出かけて中長期的な治療を行います。セルフチェックで症状に対して自分の症状と同じだと思ったら、すぐに医療機関に相談してください。 症状が完全に一致しないので判断に迷う場合には、生活習慣を見直すことで、症状の緩和につながることもあります。

洗髪方法を見直す

例を挙げると、入浴中にできる事として洗髪の際にシャンプーをつけすぎない、泡を洗い流すときには泡が消えてもしばらくは洗い流すことです。また、洗髪の際に頭皮のマッサージを側頭部から始め、前頭部、後頭部と続けて行うことが、頭皮の血行促進につながるといわれています。

髪の毛を溶かすときには毛先から行い、頭皮を強く刺激しすぎて毛髪が抜けてしまわないように慎重に行うことです。

食生活を見直す

食事の際には栄養バランスを整えて食事を取ることが大切です。しかし、外食や付き合いでバランスをうまく撮り切れない場合には、サプリメントを使ってください。サプリメントにはAGA対策に特化しているものもあります。

そのため、食事だけでは補いきれない成分を取り入れることが可能です。食事を適切に取り入れることは、毛髪を育成する成分を阻害する環境を緩和できる可能性が高まるからです。

質の良い睡眠をする

睡眠時間を適切に取れないことからストレスがたまり、AGAの症状を深刻化してしまう人は非常に多いといいます。適切に運動を取る、ストレスを解消することが一番睡眠時間を適切に摂れる解決法です。

しかし、何を試しても難しい場合には、睡眠を適切にとるためのサプリメントや、医療機関に相談して睡眠時間を適切にとるための方法や不眠症治療を行ってください。不眠症治療を行うことが、AGAの病状緩和に役立つことはあります。

様々な方法を試すことで、病状が緩和し、毛髪の成長率がアップした人も多く存在しています。医療機関に相談することも大切ですが、生活習慣を見直すことも重要です。

ページの先頭へ